マウリツィオ・サッリ新監督のもとで試行錯誤が続いているチェルシー。

そうした中、ルベン・ロフタス=チークとカラム・ハドソン・オドイの若手コンビが『Sky Sports』の番組でチームメイトたちについて語った。

ジョークも交えて同僚たちの素顔を明かしてくれた2人。「誰が一番罰金が多い?」という問いにはまさかの回答をしていたぞ。

ロフタス=チーク

「エンゴロ(・カンテ)!」

ハドソン・オドイ

「そうだね、エンゴロだ!予想外だったでしょ。彼はいつも遅刻する!いっつもね!」

ロフタス=チーク

「彼はめっちゃ遅れるわけじゃないよ。

普通は時間の前に来るものだけど、彼はいつも1,2分遅れか、時間ちょうどなんだ!

彼はやってきて微笑む。すると、皆は『あぁ、君を許すよ』って感じになるのさ」

【関連記事】 「チェルシー、補強禁止がメリットになりうる5人の若手スター」

あのカンテがチーム内の罰金王である理由は遅刻魔だからだとか。ただ、遅れるのは少しだけのようだ。