いよいよ後半戦に突入した欧州サッカーはここから佳境を迎える。

ここでは、『Squawka』による「今季の欧州主要リーグ、23歳以下の若手選手TOP10」を見てみよう。

10位 トレント・アレクサンダー=アーノルド

トレント・アレクサンダー=アーノルド

20歳、リヴァプールDF

このライトバックはレッズのスタメンにおいて替えのきかない存在になった。まだ20歳という若さにもかかわらずだ。

ゴールデンボーイ賞へのノミネートは、彼がアンフィールドの観衆たちを驚かせてきた今季の活躍ぶりを完全に正当化するものだ。

ユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールがおそるべき力を持つことになるなら、アレクサンダー=アーノルドは大きな役割を担うことだろう。

9位 マキシ・ゴメス

マキシ・ゴメス

22歳、セルタFW

彼もまた素晴らしいシーズンを送っている選手。得点を量産しているゴメスのパフォーマンスは、残留争いの真っただ中にいるセルタの光明だ。

もしその活躍を続けられれば、降格は回避できるはず。今冬にはウェストハムがバイアウト条項行使して獲得するとも噂されていた。