地球全域が市場と化した今日におけるサッカー界。

アジアカップ決勝で日本を破ったカタール代表は、子供の頃からエリート教育を施す「アスパイア・アカデミー」を設立し成功を収めているが、各国とも若い才能の発掘に躍起になっている。

一方、日本やアメリカには大学スポーツの文化があり、そこで成長を遂げる選手も。今回は、大学を卒業しJリーグを経由して欧州の主要リーグへと渡った日本代表の選手たちを紹介しよう。

伊東 純也(柏レイソル)

伊東純也

神奈川大学→ヴァンフォーレ甲府→柏レイソル→ヘンク(ベルギー)

最初に紹介するのは、先日ヘンクへの移籍が決まった和製スピードスター、伊東純也だ。

高校時代は無名の存在だったが、神奈川大学3年時に関東大学サッカー2部リーグで得点王、翌年にはアシスト王、そして2年連続でベストイレブンに選出され、2015年にJ1の甲府へ加入した。

そこからも「快足」で階段を駆け上がっており、大卒1年という異例の速さで柏へ。初年度は右サイドバック起用されることもあったが、リオ五輪候補を経て、2017年末に日本代表へ初招集された。

昨年柏がJ2降格した事情もあり、このアジアカップ後に欧州挑戦するはこびとなった。