2013年からPSGでプレーするウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。

ズラタン・イブラヒモヴィッチを抜いて、クラブ史上最多スコアラーにもなった。

31歳になった彼の契約は2020年までとなっている。そうした中、『Le Parisien』のインタビューで今後について語った。

エディンソン・カバーニ

「(今季がPSGでのラストシーズンになりえる?)

現時点において、僕には終えるための契約が残っている。もしかすると、キャリアの終わりにもなるかもね。

(契約が終わる2020年には)33歳だし、すぐに34歳になる。

2020年以降もプレーするかは分からない。パリで続けるかもね。

でも、契約満了まで行きたい。

パリで気分がいいし、クラブも自分に満足している。ファンもそうだと思うよ」

ただ、今のところ契約延長に向けた話し合いはないようだ。

エディンソン・カバーニ

「今現在、契約についての話はまだない。延長についての話し合いはないね。

もしクラブが話したがっているなら、いいことさ。

もしクラブから『これまでありがとう、さよなら』と言われても、問題はないだろう」