2018年の明治安田生命J1リーグを6位で終えたFC東京。

長谷川健太氏を新監督に迎えた2018年は、開幕スタートダッシュにこそ失敗したが、第4節で初勝利を挙げるとその後はチーム状態も安定し、上位争いを展開。しかしシーズン終盤で失速し、最終的にはACL出場権を獲り逃した。

そのFC東京が12日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。サプライヤーはUmbro(株式会社デサント)とパートナーシップを結んで5年目になる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

FC Tokyo 2019 Umbro Home

J1 FC東京 2019 Umbro ユニフォーム

新ユニフォームのデザインコンセプトは「Next stage」。クラブ創設20周年という節目を終えて、2019年は21年目に突入し、さらなる進化を目指し次のステージへ進むチームの姿を表現している。

キットデザインは、矢印(NEXT)のモチーフと、クラブの象徴的なイメージとしてのストライプとを融合させた新しいグラフィックとなっている。

J1 FC東京 2019 Umbro ユニフォーム

ホームキットの大胆なデザインは、チームカラーのレッド/ブルーの切り替えで表現される斜めのラインを、「矢印」の先端に見立てている。また、グラフィックのカラーに濃淡差をつけることで重なり合い、加速するイメージも表現した。

J1 FC東京 2019 Umbro ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。引き続きソックスの色はレッドだが、デザインがシンプルな分、よりメリハリが効いている印象だ。