10日に行われたアジアカップ2019・グループステージ第2節のバーレーン対タイは、0-1という結果となった。

北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ・ソンクラシンやサンフレッチェ広島のティーラシン・デーンダー、ヴィッセル神戸のティーラトン・ブンマタンが出場したタイは、バーレーンのサイド攻撃に苦戦する立ち上がり。

しかし、両サイドのスタートポジションを下げてペースを引き戻したタイは徐々に攻撃力を発揮し、58分にはトリスタン・ドのクロスからチャナティップが決勝点!(動画0:30~)

ハイライトでは後ろからの映像になっているが、ゴールを決めた直後のチャナティップはJリーグでおなじみの「サイコー!」ポーズも見せた。

試合はこのままタイが1点のリードを守って勝利を奪い、第1節の大敗から見事な立ち直りに成功している。