いよいよ開幕を迎えたAFCアジアカップ。ここでは、『sportskeeda』による「今大会で見るべき10人のヤングスター」を見てみよう。

グエン・クアン・ハイ(ベトナム)

グエン・クアン・ハイ

21歳/今大会背番号19

彼は2018年のことをずっと忘れないことだろう。

ベトナムは昨年1月のAFC U-23選手権で準優勝。夏のアジア競技大会では準決勝に進出。そして、12月にはAFFスズキカップで優勝を遂げた。

その全ての大会において、彼は大きな役割を担ったのだ。左利きのプレーメイカーで、スキルとビジョンに溢れているグエン・クアン・ハイは大舞台にも強い。

スズキカップで決めたようにフリーキックを得意としており、クロスや長距離からシュートにも優れる。その活躍によって、2018年の「アジア最優秀選手」にもノミネートされた。

アブドゥルラフマン・ガリーブ(サウジアラビア)

21歳/今大会背番号18

この若きアタッカーは、アル・アハリでの活躍により注目を集めた。

クラブの覇権に貢献して代表招集を受けると、昨年10月のブラジル戦で代表デビューを果たす。11月のイエメン戦でフルマッチを戦うと初ゴールを決め、アジアカップメンバー入りを勝ち取った。