日本代表のワールドカップでの激闘もあった2018年が終わり、新たな年が幕を開けた。

今年は平成最後の年でもある。5月1日からは、元号が変わるのだ。

まだ、今回のアジアカップも3月の親善試合も残っているが、今回は平成(1989年~2018年)における「日本代表最高の一戦」をコラムニストの方々とともに考えてみた。

2010年W杯:グループステージ初戦 vsカメルーン(○1-0)

2010年W杯:グループステージ初戦vsカメルーン(○1-0)

選定者:ロッシ

戦前の下馬評を覆し、ベスト16進出を果たした“岡田ジャパン”。躍進の大きな一歩となったのが、グループステージ初戦のカメルーン戦だった。

アンカーに阿部勇樹、1トップに本田圭佑を起用する4-1-4-1が採用されると、その本田が松井大輔からのクロスを沈めて貴重な先制点をゲット。

中澤佑二、田中マルクス闘莉王のCBコンビが披露した身体を張った守備、川島永嗣の気迫のセービングには魂を揺さぶられた。