チームバス襲撃事件によって、延期になっているボカ対リーベルのコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ。

南米サッカー連盟は、試合会場をスペインのサンティアゴ・ベルナベウに移すことを決めた。

そうした中、あのフアン・ロマン・リケルメが今回の一件について言及したようだ。リケルメはボカの10番として3度のリベルタ制覇を経験したレジェンド。

『Marca』によれば、『Radio Mitre』においてこう述べたという。

フアン・ロマン・リケルメ

「スーペルクラシコは我々のものだ。それを取られてしまった。

我々のお祭りだ。我が国最大の2チームであり、それがアルゼンチンサッカーをトップに押し上げた。

国外でプレーするのは悲しいね。

間違いなくアルゼンチンサッカーにとっての敗北だ。

起きたことはいいことじゃない。欧州に持ち去られ、全てが失われた。

非常に大きな悲しみだよ。なぜなら、僕らのお祭りであり、今年を締めくくる最高の形だったからさ。

マドリッドでの開催は何の関連性もないし、理に適っていないよ。

ボカの勝利を願っている。

(リーベルがマドリッド開催を拒否しているが?)決勝はプレーされると思う。どちらかはクラブワールドカップに行かなきゃいけないからね」

「この試合はもう同じようにはならない。

自分はボカがリーベルのホームで王者になることにワクワクしていた。もし彼らが勝ったらリスペクトしていた。

もうそういうことにはならない」

そのうえで、地元アルゼンチンでやらないスーペルクラシコは「史上最も高価なエキシビションだ」と(皮肉を込めて?)述べていたそう。