プレミアリーグ第14節、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーがエミレーツ・スタジアムで行われた。

両チームの選手がエキサイトする場面や退場者も出た白熱の一戦は4-2でアーセナルが勝利する結果となった。

そうした中、『The Sun』によれば、「バナナの皮をピエール・オーバメヤングに投げたトッテナムファンが逮捕された」そう。

この日は2ゴールの活躍だったアーセナルFWオーバメヤング。彼がPKによる先制点を決めた後、アーセナルの選手たちはスパーズファンの一角の前でセレブレーションをしていた。その時、バナナの皮がオーバメヤングに向けて投げつけられたという。

スチュワードによって即座に特定された犯人は、「ピッチ上に物を投げ込んだ」として警察に逮捕されたとのこと。

この事件が人種差別と関連しているかはまだ不明。ただ、トッテナムのスポークスマンは「このような振る舞いは絶対に受け入れられない。問題のサポーターは処罰されるだろう」と述べたそう。