しなやかなボールタッチを求めるプレーヤー向けのレザースパイク「コパ」。そのNEWモデルが日本時間の11月9日に公開された。

adidas COPA 19

アディダス コパ 19

圧倒的な柔らかさを追求し、フルモデルチェンジした、その名も『コパ 19』。

同モデルは、adidasフットボール史上初となる、独自の加工を施したプレミアムカンガルーレザーとプライムニットをシームレスに融合させた新たなテクノロジー「フュージョンスキン」を採用。柔らかさを追及し、足全体を包み込む優れたフィット性を実現している。

アディダス コパ 19

また、特殊なコーティング加工をアッパー素材に施すことで雨天時のシューズ内の不快感を軽減する撥水性を向上。どんなコンディションでも優れたボールタッチでゲームをコントロールすることができるスパイクに仕上がっている。

以下は、デザインディレクターであるデーブ・スレース氏のコメントだ。

「COPAはアイコニックなadidasのシューズであり、世界中のフットボーラーに愛されています。デザインのコンセプトは、クラシックなデザインに現代のイノベーションを組み合わせる、伝統と革新です。これまでのクラシックなCOPAに、新たな技術を注入し、伝統と革新の両面で新たな基準を確立していきます」

二層のアウトソールプレートと二層のスタッド構造による新スプリントフレームソールにより、動きやすさと軽量性も向上している。