2018-19シーズンよりPumaと契約する、酒井宏樹が所属のマルセイユ。

そろそろPuma製のユニフォームも見慣れてきたが、同時に少し懐かしく思うのがadidas時代のユニフォームだ。

マルセイユとadidasは、八百長問題で2部へ降格した時代(1994-95、95-96シーズン)を除いては、1974年から2018年まで長期に渡りパートナーシップを結んできた。

そこで、ここでは印象深いadidas時代のユニフォームをいくつかご紹介しよう。

Marseille 1988-91 adidas Home

マルセイユ 歴代 adidas ユニフォーム

マルセイユの黄金期を象徴するキットのひとつが、この88-91モデル。3シーズンに渡って使われたが、その間の国内リーグは3連覇を達成。また、88-89シーズンは国内カップ戦を優勝し、90-91シーズンはUEFAチャンピオンズカップ(現CL)を準優勝している。

マルセイユ 歴代 adidas ユニフォーム

シャドーのストライプが洒落たデザイン。胸の「Panasonic」も、黄金期を象徴するスポンサーロゴだった。