ブンデスリーガ公式サイトは30日、「ホッフェンハイムのFWリース・ネルソンは、自身の去就について話した」と報じた。

今夏アーセナルからホッフェンハイムにローン移籍している18歳のネルソン。レギュラーではないものの、ここまで5試合の出場で4ゴール1アシストと大活躍を見せており、ニュルンベルク戦では2得点をゲット。ドルトムントのジェイドン・サンチョとともに注目を集めている。

彼はインタビューに対して以下のように話し、今のところはホッフェンハイムに完全移籍する気はないことを明かしたという。

リース・ネルソン

(ブンデスリーガでは5試合プレーし、4ゴールを決めた)

「僕はブンデスリーガが好きだよ。多くのトップディフェンダーがいて、彼らと戦うことができる。

これは常にチャレンジになるよ。ホッフェンハイムからオファーを受けたときから、僕は興奮していた。自分にとって大きなチャレンジになると思ってね。

人間として、選手として、僕は次なるステップを踏みたいんだ」

(ホッフェンハイムには1年のローンだ。完全移籍したい?)

「現時点で、僕はここでとても満足しているよ。プレーできている。ゴールも決めている。

ただ、結局僕はアーセナルの選手なんだ。だからここにいて、仕事をしなければならない。そして、サッカーが連れて行ってくれるところへ向かうよ」