EURO2016、ロシアW杯と立て続けに予選敗退を喫し、オランダ代表の凋落ぶりは世界中のサッカーファンに大きな衝撃を与えた。

だが、その悪夢から一転。

ディック・アドフォカートの後任として2018年より指揮を執るこロナルト・クーマン監督の下、“オランイェ”が復活の兆しを見せつつある。

今回は「大転落からの復活か、オランダ代表を牽引する6人のキーマン」と題し、現チームにおいて重要な存在となっているプレーヤーたちを紹介しよう。


フィルヒル・ファン・ダイク

フィルヒル・ファン・ダイク

Virgil van Dijk
1991年7月8日生まれ(27歳)
ポジション:CB

今や「世界最高のセンターバックの一人」と数えられるほどに成長したファン・ダイク。チームに与えるその大きな力は、彼の加入後に劇的に守備力が向上したリヴァプールでも既に証明しているが、オランダ代表においても同様だ。

190cmを超える体躯を活かした圧倒的な空中戦の強さはもちろんのこと、大柄ながらスピード勝負も苦手としない稀有なタレントで、空陸ともに向かうところ敵なし。また、ボール奪取後のビルドアップ能力にも定評があり、GKから積極的に攻撃を組み立てる、現在のオランダ代表のシステムにおいても大役を担っている。

また、強靭な精神力に対する評価も高く、ヴェスリー・スナイデルの後にキャプテンを任されたことも当然の流れと言え、左腕に腕章を巻いたその姿はリーダーの風格を漂わすものだ。

若くして代表の主軸となったマタイス・デ・リフトが、19歳ながら落ち着いたプレーを披露して周囲を驚愕させたが、それを可能にさせた最大の理由は彼の横にファン・ダイクという頼もしい存在がいたからだろう。