来年1月のアジアカップに向けて動き出した新生日本代表。その顔ぶれは一新し、フレッシュな面々がサムライブルーに新たな息吹をもたらした。

その日本代表は16日に、南米の強豪ウルグアイ代表との試合を控えている。

過去の歴代日本代表ユニフォームを振り返る当企画。今回は愛称「SAMURAI BLUE」が初登場した2006年ドイツW杯モデルをご紹介しよう。

日本代表 刃文モデル

日本代表 歴代 ユニフォーム 2006W杯モデル

2006年W杯モデルとして記憶に残る青いユニフォーム。この年、代表を応援するキャッチフレーズとして「SAMURAI BLUE 2006」がサポーター投票で選ばれている(後に「SAMURAI BLUE」は公式の愛称へと“格上げ”されることに)。

日本代表 歴代 ユニフォーム 2006W杯モデル

A代表では2005年11月から2007年10月まで、ほぼ2年間に渡って使用。大きな舞台としては2006W杯の他に、4位に終わった2007年のアジアカップを戦っている。

日本代表 歴代 ユニフォーム 2006W杯モデル

この間、監督の交代や選手の代表引退などがあり、その2年間でチームの顔ぶれは大きく様変わり。上の集合写真はジーコ・ジャパンで、下はオシム・ジャパンだが、先発メンバーの違いがよく分かる。