『Il Sole 24 Ore』は11日、「ローマの財務表が公開され、負債は2億1880万ユーロ(およそ284.6億円)に増加した」と報じた。

昨季は損失が4200万ユーロ(およそ54.6億円)になっていたローマ。今季はそれと比べて年間の損失は2500万ユーロ(およそ32.5億円)に減少している。

また、チャンピオンズリーグの準決勝にまで進んだことから売上が増加しており、年間2億5100万ユーロ(およそ326.5億円)を計上した。そのうち9840万ユーロ(およそ128億円)がチャンピオンズリーグからのものだという。

テレビ放映権からの収入も2350万ユーロ(およそ30.6億円)増加しており、1億2856万ユーロ(およそ167.2億円)となっている。

ところが一方、負債額については前回から7500万ユーロ(およそ97.6億円)増加しており、ほぼ1年の売上高に等しい2億1880万ユーロとなった。

ラジャ・ナインゴランの売却などもあったが、人件費は1億4500万ユーロ(およそ188.6億円)から1億5880万ユーロ(およそ206.6億円)に増加しており、厳しい経営が続いていることが明らかになっている。