3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節、パリ・サンジェルマンはホームにツルヴェナ・ズヴェズダを迎えての一戦。

第1節のリヴァプール戦を落としてしまったことから勝利が義務付けられる試合だったが、そのプレッシャーをものともしないパフォーマンスを見せた。

最終的には6-1とゴールラッシュでツルヴェナ・ズヴェズダを粉砕したが、その中で輝きを見せたのはネイマール。

20分にゴール左隅への絶妙なフリーキックを決めると、その直後にもショートカウンターからの飛び出しで豪快なゴール。さらに5-1とリードした81分には再びフリーキックを直接叩き込む!

チャンピオンズリーグの1試合で2本の直接フリーキックを決めたのは、2009年のクリスティアーノ・ロナウド以来だという。

ネイマール

「僕が得点しようがしまいが、それは重要なことではないよ。僕のチームに勝利してほしいだけだ…」

試合後のネイマールはこのように語り、ゴールよりも勝利に価値があることを強調したとのことだ。最近はエムバペの影に隠れることも多かったが、少し「お兄さん」的な雰囲気も出てきた?