ヴィッセル神戸は17日、「トップチームの監督にフアン・マヌエル・リージョ氏が就任することが決まった」と公式発表した。

フアン・マヌエル・リージョ氏は1965年生まれの52歳。サッカー選手としてのキャリアはないものの、若くして指導者として注目を集めた人物だ。

あのジョゼップ・グアルディオラと親交が深いことで知られており、彼が「リージョとクライフが私の師匠」と語ったことも。2005-06シーズンはメキシコのドラドスで監督と選手の関係だった。

昨年はコロンビアの名門アトレティコ・ナシオナルを率いていたものの、12月に退任。その後はフリーの状態が続いていた。戦術家として評価されているスペイン人監督で、特にパスサッカーを志向していることで知られている。

また、フアン・マヌエル・リージョ監督とともに、イニーゴ・ドミンゲス・ドゥラン氏がヘッドコーチ、ホルヘ・ムニョス・ディアス氏がアシスタントコーチに就任すると発表されている。