5シーズンに渡ったKappaとのパートナーシップが終わり、今季は26年ぶりにPumaのキットを着用するボルシア・メンヘングラートバッハ。

その第1弾となる2018-19モデルはホーム・アウェイ各キットを7月に、そしてサードキットを8月にそれぞれ発表。ホームキットは伝統的なホワイトを基調としているが、それ以外は今季のPumaのテンプレートともいえるメランジ柄をあしらっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Borussia Mönchengladbach 2018-19 Puma Home

ボルシアMG 2018-19 Puma ユニフォーム

新しいホームキットはボルシアMGの王道を行くクラシックなデザイン。色はホワイトを基調とし、首周りと袖を濃いグリーンで彩っている。胸スポンサー「Postbank」は今季で10シーズン目となる。

ボルシアMG 2018-19 Puma ユニフォーム

背面もホワイト一色で、首元にはチームの愛称“Fohlenelf(仔馬のイレブン)”をレタリング。

ボルシアMG 2018-19 Puma ユニフォーム

パンツとソックスもホワイトを基調にグリーンの差し色。ソックスの前面にはエンブレムのグラフィックが入る。

ボルシアMG 2018-19 背番号

ホームキットの背番号を掲載。今季のPumaのテンプレート的なタイポグラフィだが、立体的なデザインは他のPumaキットではあまり見かけない。