森保一監督のもとで新たなスタートを切った日本代表。

札幌でのチリ戦が地震の影響によって中止となったことで、初陣はパナソニックスタジアム吹田でのコスタリカ戦となった。

結果は3-0で勝利。

では、これまでの歴代日本代表の初戦結果はどうだったのか。ここ20年に絞って調べてみた。

森保一

2018年9月vsコスタリカ(○3-0で勝利)

西野朗

2018年5月vsガーナ(●0-2で敗戦)

ヴァヒド・ハリルホジッチ

2015年3月vsチュニジア(○2-0で勝利)

ハビエル・アギーレ

2014年9月vsウルグアイ(●0-2で敗戦)

アルベルト・ザッケローニ

2010年10月vsアルゼンチン(○1-0で勝利)※9月は原博実氏が代行

岡田武史(第2期)

2008年1月vsチリ(△0-0)

イビチャ・オシム

2006年8月vsトリニダード・トバゴ(○2-0で勝利)

ジーコ

2002年10月vsジャマイカ(△1-1)

フィリップ・トルシエ

1998年10月vsエジプト(○1-0で勝利)

3点差での勝利は歴代チームのなかでもかなりいい勝ち方といえそうだ。