31日、UEFAヨーロッパリーグ2018-19のグループステージ組み合わせ抽選会が行われた。その結果は以下の通り。

グループA

レヴァークーゼン(ドイツ)

ルドゴレツ(ブルガリア)

チューリッヒ(スイス)

AEKラルナカ(キプロス)

グループB

レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)

セルティック(スコットランド)

RBライプツィヒ(ドイツ)

ローゼンボリ(ノルウェー)

グループC

ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)

コペンハーゲン(デンマーク)

ボルドー(フランス)

スラヴィア・プラハ(チェコ)

グループD

アンデルレヒト(ベルギー)

フェネルバフチェ(トルコ)

ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

スパルタク・トルナヴァ(スロバキア)

グループE

アーセナル(イングランド)

スポルディング・リスボン(ポルトガル)

カラバフ(アゼルバイジャン)

ヴォルスクラ(ウクライナ)

グループF

オリンピアコス(ギリシャ)

ミラン(イタリア)

ベティス(スペイン)

F91デュドランジュ(ルクセンブルク)

グループG

ビジャレアル(スペイン)

ラピド・ウィーン(オーストリア)

スパルタク・モスクワ(ロシア)

レンジャーズ(スコットランド)

グループH

ラツィオ(イタリア)

マルセイユ(フランス)

アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)

アポロン・リマソール(キプロス)

グループI

ベシクタシュ(トルコ)

ヘンク(ベルギー)

マルメ(スウェーデン)

サルプスボリ(ノルウェー)

グループJ

セビージャ(スペイン)

クラスノダール(ロシア)

スタンダール(ベルギー)

アクヒサル(トルコ)

グループK

ディナモ・キエフ(ウクライナ)

アスタナ(カザフスタン)

レンヌ(フランス)

ヤブロネツ(チェコ)

グループL

チェルシー(イングランド)

PAOK(ギリシャ)

BATEボリソフ(ベラルーシ)

MOLヴィディ(ハンガリー)

なんとグループBではレッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの『レッドブル・ダービー』が実現。

また日本人選手が所属しているマルセイユ(酒井宏樹)とアイントラハト・フランクフルト(長谷部誠、鎌田大地)が同居し、グループステージでしのぎを削ることとなった。