今月、インドネシアで行われるアジア競技大会。サッカーは開会式より先に開幕を迎える。

それを前にした親善試合で大乱闘が起きてしまった。マレーシアとUAEのU-23チームによるフレンドリーマッチで…。

この一戦はマレーシアのシャー・アラム・スタジアムで行われたが、地元マレーシアが2-0でリードした終了直前に乱闘が勃発。

『foxsports』などによれば、UAE選手の飛び蹴りが発端となったとされている。スタッフらも入り乱れてカオス状態となり、警察隊が介入する事態にもなった。

その後、UAEサッカー協会はマレーシア側に謝罪したうえで、飛び蹴りをした当該選手を代表から除外すると発表。

マレーシアメディアによれば、UAEは試合中ずっと攻撃的だったとしており、今後何らかの処分が科される可能性があるとも。

なお、アジア競技大会でUAEはグループC、マレーシアはグループEに入っている。グループDの日本は14日にネパールとの初戦を迎える。