小林祐希が所属するヘーレンフェーンとテクニカルスポンサーのJakoは7月19日、2018-19シーズンに向けたホーム、アウェイの両キットをリリースした。

新しいホームキットはブルーのストライプを中心に据えているが、このスタイルは2007-08シーズンモデル以来となる。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

SC Heerenveen 2018-19 Jako Home

SCヘーレンフェーン 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

新しいホームキットはクラブの伝統を踏襲し、ブルー/ホワイトのストライプに睡蓮の葉を散りばめたデザイン。基本的に中心のストライプはホワイトを据えることが多いが、今回はブルーから始まる。

SCヘーレンフェーン 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

ハートマークのような形の睡蓮の葉は、ヘーレンフェーンの街が属するフリースラント州の旗が由来。その旗には葉が7つ描かれている。

SCヘーレンフェーン 2018-19 Jako ホーム ユニフォーム

パンツはホワイトを基調にブルーの差し色で、右側にエンブレムを装着。ソックスはブラックを基調にブルーのラインで、前面にメーカーロゴが入る。