今夏のワールドカップに出場していたウルグアイ代表FWルイス・スアレス。

ついにバルセロナの練習に戻ってきたが、気になるところが…。

💪💪💪1⃣8⃣/1⃣9⃣
Luis Suarezさん(@luissuarez9)がシェアした投稿 -

それは足元。スアレスは長年adidasのスパイクを着用してきたが、ブラックアウトモデルを履いていたのだ。

『Diez』によれば、彼はスパイクブランドの変更を決断し、Pumaと4年の契約を結ぶ見込みだという。

この10年はadidas製のスパイクを履いてきたスアレスだが、31歳になった今季からPuma入りするのだろうか。

バルセロナは今週末にセビージャとのスーペル・コパを戦う。