今季パリ・サンジェルマンに加入することが決まった元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン。

40歳になった彼でも、サッカークラブでは恒例の「新人選手には歌を歌わせる」という伝統からは逃れられない。

しかしさすが国歌を全力で歌っていることで知られるブッフォン、かなりの吹っ切れを見せていた。

ちなみにブッフォンが歌っているのは80年代の有名歌手ヴァスコ・ロッシによる『Vita spericolata』。

「映画のように危険な人生を送りたい、スティーブ・マックィーンのような人生が欲しい、人生に遅すぎるということはない」

そんな歌詞の『Vita spericolata』はまさに今のブッフォンを表す歌なのかもしれない。