LAギャラクシーでプレーするズラタン・イブラヒモヴィッチがMLSでゴールを量産している。

直近のフィラデルフィア・ユニオン戦では、この一撃をお見舞いしてみせた。

この日はあいにくの雨模様だったが、ここしかないコースにシュートを叩き込んだ。

この一発で逆転したギャラクシーはさらに追加点を奪い、1-3で勝利を収めている。

ワールドカップ期間中に9日ほどの中断期間があったMLSだが、イブラヒモヴィッチのゴールラッシュは止まらず。Soccerwayで最近の出場試合を見てみると…。

イブラヒモヴィッチのゴールラッシュ

5試合連続で計7得点を奪っているのだ。いよいよエンジン全開といったところだろうか。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシーFW)

「悪いコンディションだったね。ファンたちのことを気の毒に思う。

天候はコントロールできない。だが、準備はできていた。

例え、昨日は暑かったのに、今日は風が強く雨だったとしてもね。

いい選手というのはどんなコンディションにも対応できるのさ」