ワールドカップで4年前の雪辱を晴らすはずだったブラジル代表。だが、準々決勝でベルギーに敗れて敗退してしまった。

そんななか、『UOL Esporte』がショッキングなニュースを伝えている。

今大会のブラジル代表メンバーだったFWタイソンの母親が誘拐されていたという。

ブラジル代表FWタイソン

事件は彼の故郷ナヴェガンテス付近で起きたそう。犯人たちは花束の配達員を装い、母親を拉致したようだ。

だが、事件発生から数時間後に当局によって無事救助され、幸い怪我などもなかったそう。そして、4人の容疑者が逮捕されたとされている。