7月14日、ロシアワールドカップ3位決定戦、ベルギー対イングランドの試合がサンクトペテルブルク・スタジアムで行われた。

ほぼベストメンバーで過去最高成績の4位超えを目指すベルギーに対し、イングランドは中2日ということもありスタメンを半分ほど入れ替えた。

その差を表すように、5分、ベルギーが得意のカウンターからトマ・ムニエが決めて先制。前半は精彩を欠くイングランドを圧倒する内容だった。

イングランドのギャレス・サウスゲイト監督は後半からジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入。徐々にペースを握り、セットプレーなどからゴールに迫る場面が増えていった。

しかし、次の得点もベルギーだった。82分、またもカウンターからエデン・アザールが今大会3点目をゲット。

これが決め手となり、ベルギーが2-0でグループステージに続きイングランドを撃破。過去最高の3位で大会を締めくくった。

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから