いよいよ佳境を迎えているロシア・ワールドカップ。

ここでは、『sportskeeda』による「大会後に大金で移籍するかもしれない6人の選手」を見てみよう。

メキシコ代表FWイルビン・ロサーノ(PSV所属)

メキシコ代表FWイルビン・ロサーノ

メキシコがグループステージ初戦で前回王者ドイツと対峙した時、誰も彼らが勝つとは思っていなかった。

引き分けでも最善だと考えられていたのだ。だが、メキシコはいいプレーを見せただけでなく、勝利まで挙げてしまった。

そして、それが決勝トーナメント進出へのファーストステップになった。この一戦で決勝点を決めたのが、イルビン・ロサーノだ。

彼は続く韓国戦でも再び輝きを放った。世界の舞台で名乗りを上げたロサーノは、一躍時の人に。

彼を巨額な移籍金で獲得するために多くのクラブがバトルを展開するはずだ。