ブンデスリーガ創設以来初めて2部降格となった、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)。

1963年のリーグ創設時メンバーで唯一の降格未経験がクラブとサポーターの誇りだったが、2018-19シーズンはその誇りにかけて1年での1部復帰を目指す。

そんなHSVの新シーズンに向けたユニフォームが5日、クラブとadidasから発表となった。シャツには港湾都市のクラブらしい“遊び”を施している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Hamburger SV 2018-19 adidas Home

ハンブルガーSV 2018-19 adidas ユニフォーム

ユニフォームには伝統的にレッドを組み入れることが多かったが、新しいホームキットはホワイトとブルーで構成。非常にシンプルな色使いとなっている。胸スポンサーは「Fly Emirates」で継続。

ハンブルガーSV 2018-19 adidas ユニフォーム

グラフィックが特徴的なシャツのテンプレートは「Condivo 18」。左袖には食品メーカー「Popp Feinkost」のロゴマークを掲出。

ハンブルガーSV 2018-19 adidas ユニフォーム

背面の首元には近年定番となっていた「NUR DER HSV(HSVだけ)」ではなく、見慣れないマークをプリント。実はこれ、モールス符号で「HSV」を表している。Hは「・・・・」、Sは「・・・」、そしてVが「・・・-」。現在でも船舶では使われることがあり、港湾都市ハンブルクのチームらしい“遊び心”と言える。

ハンブルガーSV 2018-19 adidas ユニフォーム

パンツはレッド、ソックスはブルーをそれぞれ基調。ソックスにはブラックとホワイトのストライプをあしらっている。