ワールドカップもいよいよ佳境だ!ここでは、『sportskeeda』による「今大会の影のヒーローTOP3」を見てみよう。

キーラン・トリッピアー(イングランド代表DF、背番号12)

キーラン・トリッピアー

トリッピア―はギャレス・サウスゲイト監督の右サイドで素晴らしい働きを見せている。

守備においても、そしてより重要な攻撃面でも、彼は本物の脅威となっている。ディフェンスでソリッドさを保ちつつ、多くのアシストを記録しているのだ。

攻撃陣へのサポート、3バックへのカバー、このハードワークな右SBは並外れている。

トッテナムにおいてもトリッピアーはキープレイヤーだ。チームはカイル・ウォーカーの代役として、セルジュ・オーリエを獲得したにもかかわらず。

そのウォーカーは代表では3バックの右を務めており、2人はいいアグレッシブなデュオを形成している。

フィジカルに優れたスウェーデン代表戦でも、このワイドマンが決定的な存在になるかもしれない。