アーセナルはドイツ代表MFメスト・エジルが2018-19シーズンから背番号10番を背負うと発表した。

2013年の加入以降、11番を着用していたエジル。直近の10番だったMFジャック・ウィルシャーの退団に伴い、エースナンバーを背負うことになった。

この背番号変更に伴い、アーセナルはサポーターへの“補償”も発表。

『Arsenal Direct』で2018-19シーズンのエジルのユニフォームを11番で購入していたファンについては、新たに10番のものを送るそう。

オフィシャルストアで購入したファンについては、購入したことを証明できるものを店に持参する必要があるとのこと。詳しくは公式HPでご確認を。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など