シャペコエンセの悲劇を覚えているだろうか。2016年11月28日、ブラジルのサンタカタリーナ州シャペコは、まるで町そのものが暗い水底に沈んでしまったような深い静けさに包まれた。

ブラジル一部リーグに所属するクラブチーム・シャペコエンセの主力選手と首脳陣、そしてジャーナリストを乗せたチャーター機が、コパ・スダメリカーナ決勝(南米大陸選手権)の舞台であるコロンビアのメデジンに向かう途中で墜落、71名もの尊い命が山中で一瞬にして奪われたのだ。

その悲劇によってケンペス(元セレッソ大阪、元ジェフユナイテッド市原・千葉)やクレーベル・サンターナ(元柏レイソル)、カイオ・ジュニオール(元ヴィッセル神戸監督)といったJリーグとゆかりの深い人物たちが犠牲となり、日本のサッカーファンにも大きな衝撃を与えたが、ブラジルの小さな田舎町シャペコに住む人々にとっては、耐えがたい哀しみと絶望をもたらす未曽有のものだった。選手の多くは幼いころからよく知る顔なじみの者たちで、いままさに南米ナンバーワンの座に手をかけようとしているチームは町の大きな誇りであり、家族そのものだったからだ。

あれから一年半あまり、多くの人々の思いをのせて再出発したシャペコエンセ復活の軌跡が、ドキュメンタリー映画『わがチーム、墜落事故からの復活』としてこの夏、日本で公開される。

先日試写会にお邪魔したので内容を軽く紹介しよう。本作は、悲劇から生還した三選手、幼子を抱える未亡人たち、そしてクラブ再建を託された新たな経営陣にフォーカスをあて、奇跡的な復活劇の輝かしい面だけでなく、影の側面をも克明に描いている。経営陣と遺族の補償をめぐる軋轢、古くからクラブに在籍する選手と新監督との亀裂、生還者たちの深い心の傷とトラウマ、クラブを愛するサポーターたちのジレンマ……そうしたシビアな現場の裏舞台にまで切り込んでいくカメラワークはじつにスリリングで観る者の心をとらえて離さない。

なにより、チーム・選手・サポーターが、数多くの危機や困難をのりこえながら一つになり、再生の道を歩んでいくその姿には胸迫るドラマがあり、ラストには必ずや深い感動があなたを待ち受けているはずだ。

「わがチーム、墜落事故からの復活」の公開は、FIFAワールドカップ期間中の7月6日(金)から。上映館は新宿ピカデリーほか今後決定していく模様だ。ワールドカップの熱狂のまま、ぜひ劇場に足を運んでその奇跡の復活を目撃してほしい。

公式サイト:http://our-team.jp/