6月21日、ロシアワールドカップのグループC、デンマーク対オーストラリアの試合がサマラのサマラ・アレーナで行われた。

初戦はデンマークがペルーに1-0で勝利、オーストラリアがフランスに1-2で敗戦。

オーストラリアにとってより重要な一戦となったが、先制したのはデンマーク。7分に10番のクリスティアン・エリクセンが豪快なボレーシュートを決め、今大会初ゴールを挙げた。

苦しい展開となったオーストラリアはサイド攻撃でペースを握り、迎えた38分、相手選手のハンドがVARにより認められPKを獲得。マイル・ジェディナクが2試合連続で冷静にゴールへ流し込んだ。

後半もオーストラリアの優勢で進んだが得点を奪うまでには至らず、試合は1-1の引き分けで終了。

前回大会3戦全敗だったオーストラリアは2大会ぶりの勝点獲得となった。

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから