『Sportskeeda』は4日、「アントニオ・コンテをレアル・マドリーの監督に招聘すべき5つの理由」という記事を掲載した。

今季チャンピオンズリーグ3連覇という大記録を達成したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が退任する事になったレアル・マドリー。

現在その後任となる指揮官を探しており、メディアではトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリらと接触しているとも…。

しかし、現在チェルシーとの関係が悪化しているというアントニオ・コンテ監督が最適ではないかという声も多い。

なぜレアル・マドリーにコンテ氏が合うと言えるのか?その理由とは…。

勝利者である

アントニオ・コンテ

アントニオ・コンテは、自分自身は常勝者であると宣言した。それを受け入れるかどうかはともかくとして、彼の記録はそれを語っている。勝利に夢中であり、懸命に働くことができる。

彼のマネージメントの下で、ユヴェントスは現在の基礎を築くことができた。それまでユヴェントスは混乱していたし、ミランがリーグを支配していたが、それを変えた。

チェルシーに来たときも、歴史上最高の監督を失ったばかりだったはずだ。新しい時代を作るため、乱気流の中でタイトルをもたらした。

イタリア代表もそうだ。チーム力が落ちてきた状況の中で、スペインを破り、ドイツに健闘した。

レアルが必用とするのは常勝者の監督であり、それについていえばアントニオ・コンテは最適である。