トゥーロン国際大会2018、グループリーグ第三戦。

準決勝進出の可能性を残していたU-21日本代表は、U-21カナダ代表相手に一歩及ばず、1-1で引き分け…。

残念ながら上位進出は叶わず、トーゴとの7位決定戦に回ることとなったが、この試合において特に印象的であった選手を三人に絞り紹介したいと思う。

【関連記事】「トゥーロン2018、トルコ対日本」

【関連記事】「トゥーロン2018、日本対ポルトガル」

三苫薫

ポルトガル戦でも試合途中から出場して好印象を残した三苫だが、この試合では結果という具体的な成果もあげた。

65分、自陣から放り込まれたボールに対して、カナダ守備陣が処理に苦戦すると、その隙を突いてしっかりボールをキープ。そのままキックフェイントでDF陣をかわすと、GKのタイミングもずらして冷静に右隅を射抜いてみせた。

三苫薫(対カナダ戦)

相手に囲まれても精度が落ちない技術の高さと決定機における落ち着きは、このワンシーンでその才能の高さを感じさせるものであったが、攻撃にリズムを与えるだけではなく、自らもゴールを奪える個性は特筆に値する。

また、オフザボールにおいても、スペースに侵入する動き、攻から守へのネガティブトランジションなど、地味ながらも貢献度の高いプレーを行っていた点も忘れてはならないだろう。