6月3日に行われた明治安田生命J3リーグ、第12節。FC東京U-23は、ホームの味の素フィールド西が丘に鹿児島ユナイテッドFCを迎えた。

真夏のような気候にもかかわらず2563人が集まったスタジアムで、若きFC東京は32分に先制点を奪取。

32分に小川諒也のクロスから原大智がヘディングを決め、幸先の良い前半となる。

さらに前半終了間際、アーリークロスから生まれたのは矢島輝一による鮮やかな2点目!

これはカッコイイ!ストライカーなら一度は決めたい、裏抜けからの完璧なゴールだ。

これで2点のリードを奪ったFC東京U-23であるが、後半には3失点してしまい逆転を許し、2-3で敗北してしまっている。

ここまで首位をひた走っている鹿児島ユナイテッドFCの強さを見せられた格好ではあったが、下位に沈んでいるFC東京U-23としては希望も持てる試合だったともいえる。

(※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています)

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など