開幕まで一か月を切ったFIFAワールドカップ・ロシア大会。

4年に一度のサッカーの祭典に向けて、adidasが新しいスパイクコレクション「エナジーモードパック」を発表した。

adidas 'Energy Mode Pack'

日本代表 武藤嘉紀と宇佐美貴史

エネルギー色を表現した、世界の舞台にふさわしいビビッドなカラーのスパイク。

日本代表をはじめとするワールドカップ出場国のadidas契約選手たちが本大会で着用する予定だ。

adidas NEMEZIZ 18+

アディダス ネメシス 18+

そのなかでも注目は、先日紹介した『エックス 18』同様、今回のコレクションでバージョンアップされた『ネメシス 18』。

軽さ・薄さ・安定性を兼ね備えたニット素材「アジリティースキン2.0」など進化したアッパーに加え、高伸縮繊維のアジリティーバンデージが足全体を包みこむレースレスの『ネメシス 18+』では、左右非対称構造を採用。

イン側を高くしたアシメトリックカラーにより、安定性を高めあらゆる方向へのクイックな動きをサポート。アジリティをさらに追及したスパイクに仕上がっている。

カラーは、ゼスト×コアブラック×ソーラーレッド。

adidas NEMEZIZ MESSI 18.1

アディダス ネメシス メッシ 18.1

こちらは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ着用モデルの『ネメシス メッシ 18.1』。

ソーラーグリーン×コアブラック×ソーラーグリーンの鮮やかなカラーリングが目を引く新作だ。

アディダス ネメシス メッシ 18.1

『ネメシス 18』との大きな違いはアウトソール。スタッドやリブの形状などが“メッシ仕様”となっている。

リオネル・メッシ

カラーリングがシンプルな分「MESSI」の文字も目立つ。