26日のチャンピオンズリーグ決勝でリヴァプールを破り、史上初のCL3連覇を達成したレアル・マドリー。

優勝の余韻が冷めやらぬ中、早くも2018-19シーズンに向けた新しいユニフォームが、クラブとadidasから発表となった。2017-18モデルではスカイブルーを配して驚かせたが、今回はシンプルな色の構成でレアルらしいデザインに仕上がっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Real Madrid 2018-19 adidas Home

レアル・マドリー 2018-19 adidas ユニフォーム

新しいホームキットはスリーストライプス、メーカーロゴ、スポンサーロゴをブラックで彩り、基調色のホワイトをより際立たせている。なおクラブの説明によれば今回のキットは「シンプル、簡素、エレガント」の3要素を含ませたという。

胸元は2016-17モデル以来のボタンが復活。今回はシングルボタン仕様となっている。

レアル・マドリー 2018-19 adidas ユニフォーム

背面はシンプルにホワイト一色。袖口にブラックの差し色を配し、ちょっとしたアクセントになっている。

レアル・マドリー 2018-19 adidas ユニフォーム

写真はオーセンティックユニフォームにつき、生地の質感等がレプリカユニフォームとは異なる。スリーストライプスやエンブレムは、薄い素材を熱圧着でプリント。

レアル・マドリー 2018-19 adidas ユニフォーム

パンツ、ソックスはともにホワイトを基調とし、ブラックのストライプをあしらっている。ソックスの前面には、四角く抜いた中にチーム名の略称“RMCF”のグラフィックが入る。