いよいよ発表されたadidasの新スパイク『X18(エックス 18)』。

アディダス エックス 18

シンプルを追求し無駄をそぎ落としながら、最新のテクノロジーによって耐久性も突き詰めた“スプリントスパイク”だ。

そんなスパイクを、今週末の大一番に向け、レアル・マドリーとリヴァプールの選手たちが着用を開始した。

アディダス エックス 18

レアル・マドリーでは、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、マルセロらがシューレースありの『エックス 18.1』を着用。

アディダス エックス 18

リヴァプールのadidas契約選手といえば、この人!今シーズンのプレミアリーグ得点王、ムハンマド・サラーがシューレースレスの『エックス 18+』を着用している。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝は、5月27日(土)にキエフで開催。名門同士の対決となった注目の一戦を、この新たなスパイクが彩ってくれるに違いない。

アディダス エックス 18

ちなみに、ブラジル代表のガブリエウ・ジェズスもこの通り。サラーと同じ『エックス 18+』を選択しているようだ。