今季圧倒的強さでプレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティ。優勝セレモニーではこんなハプニングが起きていた。

歓喜に沸くシティ選手たち。すると、若手MFオレクサンドル・ジンチェンコに当たったトロフィーがなんと落下…!

それに気付いた本人とカイル・ウォーカーの表情はまるでコントのようだった。

とりあえずトロフィーは無事だったようで一安心。

就任2年目で優勝を成し遂げたジョゼップ・グアルディオラ監督はこう喜びを述べていた。

ジョゼップ・グアルディオラ

「(これまでバルセロナ、バイエルンで優勝してきたが)ここはより難しい。

イングランドは特別だ。非常にタフだからね」

「自分たちが成し遂げたこと、そのやり遂げ方に満足しているよ」

シティの今季は残り2試合。相手はブライトン、そして吉田麻也のサウサンプトンだ。