21日に行われたフランス・リーグアン第34節、メス対カーン。

残留に向けて一つも勝点を落とせない状況となっているメスは、連敗中のカーンを相手にするという重要な試合だった。

執拗に右サイドから仕掛けたメスは、71分にようやく先制。イバン・バリウのクロスでオウンゴールを導いた。

しかしそれから2分後だった。カーンのクロスをメスが中途半端に触り、ファーで拾われてしまったところからだ。

折り返されたボールをロニ・ロデランが競り、ほぼ真上に上がる。落ちてきたところを、途中出場のジェシ・ドゥマンゲがこのバイシクル!(動画2:12~)

ドゥマンゲはカーンの下部組織で育った20歳の選手。今季デビューしたばかりで、これがプロ初ゴールとなった。

これですぐにリードを失ってしまったメス。勝点3を目指して攻めるも、得点には届かず、1-1の引き分けで試合を終えた。

川島永嗣は87分に一対一の場面で素晴らしいセーブを見せ、失点を防いだものの…3ポイントの獲得にはつながらなかった。

メスは依然として最下位に沈んでいるが、他のライバルが足踏みしていることもあり、残留プレーオフ圏内の18位までは勝点差3。

日曜日の試合で18位トロワが勝つかどうかにもよるが、決して逆転できない状況ではなくなってきた。