18日(水)に行われたルヴァンカップのグループステージ第4節。

グループDのV・ファーレン長崎対ヴィッセル神戸の試合は、1-2で神戸が勝利した。

そんなこの試合で驚異的な身体能力を持つFWウェリントンに驚きのプレーが生まれた!

※01:13から

0-1とリードされ迎えた64分、小川慶治朗のクロスにウェリントンがこのバイシクルシュート!

人の頭ほどの高さにあったボールを豪快に叩きつけると、これをゴールマウスに飛ばし、同点弾かと思わせるシュートを放った。

ゴールまで20mほど離れた距離からでもこれを狙えるのがウェリントン!

そんなウェリントンは直後の67分、那須大亮のクロスに頭で合わせ同点ゴールをゲット!

神戸はここまで3勝1分となり、勝点を10に乗せた。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」