先週末に行われたセリエA第32節の大一番、ミラン対ナポリ戦。

試合は0-0で終了したのだが、試合終了間際にビッグプレーが生まれた!

0-0で迎えた後半アディショナルタイム…

※03:08から

ナポリはマレク・ハムシークのクロスをロレンツォ・インシーニェが頭で逸らし、ボールはゴール前でフリーになっていたアレク・ミリクのもとへ。

するとミリクはここからシュートを放つも、これに立ち塞がったのはGKジャンルイージ・ドンナルンマ!

ミリクまでの距離は3mほどだっただろうか。

ミリクの狙いすましたシュートに左手で反応して見せ、ミランの危機を救った。これはコースを読んでいないと触ることができなかったはず…。

ドンナルンマはこの試合で他にも好セーブを披露しており、チームの無失点に大きく貢献。この場面でもセーブ後に大きなガッツポーズを見せており、よほど興奮していたようだ。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」