イングランド・プレミアリーグのWBAは、「スペインで4名の選手が関与した事件について調査を行っている」と公式発表した。

クラブからはこれだけしか報告されていないが、メディアによれば「冬のキャンプ中にタクシーを盗んだ」という疑いがかかっているとのこと。

WBAは今冬バルセロナで冬季キャンプを行っており、事件が発生したのは木曜日の夜明けごろ。

すでに遅い時間であったことから交通手段がなく、選手らはマクドナルドに行ったあと、そこにあったタクシーを奪ってホテルへと向かった。その際、何らかの理由でドライバーは車の元を離れていたとのこと。

ホテルに着いた時点でタクシーが目撃されており、運転手からも通報があったことから、後に4選手は警察に連行されていたようだ。なお、事情聴取はされたものの逮捕はされていないという、

タクシーが失われたのは木曜日の午前5時、運転手の下に戻ったのが午前8時だったという。

なお、クラブからもメディアからも関与した選手の名前については挙げられていなかったが、『BBC』がギャレス・バリー、ジョニー・エヴァンズ、ジェイク・リヴァモア、ボアズ・マイヒルの4名だと伝えた。彼らはすでに謝罪のコメントを発表している。