7日に発表となったイングランド代表のロシアW杯に向けたユニフォームだが、ホームキットと同時にアウェイキットもお披露目となった。

近年のイングランド代表のワールドカップモデルはシンプルな色使いの傾向にあり、2018モデルもそれは同じ。ただし、個性的なデザインで知られる最新のNikeヴェイパーニットをベースにしているだけに、生地の「柄」はかなり斬新だ。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

England 2018 Nike Away

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

ホームキットと同じくNikeヴェイパーニットの特徴であるジグザグのグラフィックが独特。前面にはイングランド国旗のセント・ジョージ・クロス(Saint George's Cross)のグラフィックをあしらった。

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

パンツはホワイト、ソックスはレッドをそれぞれ基調としている。上からレッド-ホワイト-レッドのコンビネーションは、1950年代から受け継がれているクラシックなスタイル。1966年のW杯優勝チームもこの組合せだった。

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

ボディと袖は濃淡を付けた2色レッドのツートンカラーになっている。