『Marca』は20日、「河北華夏幸福の監督を務めているマヌエル・ペジェグリーニ氏は、ハビエル・マスケラーノ獲得に動いていると明言した」と報じた。

今冬のマーケットでバルセロナを退団する可能性が示唆されているマスケラーノ。昨年末から中国クラブとの関係が伝えられてきた。

また、バルセロナはすでにコロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得しており、後半戦でもマスケラーノが出場機会を得られる可能性は低い。

クラブ間では移籍金1000万ユーロ(およそ13.6億円)ですでに交渉が合意に達しているとも言われ、今月中にも取引は行われるのではないかと言われる。

河北華夏幸福のマヌエル・ペジェグリーニ監督は以下のように話し、マスケラーノ獲得に動いていることを公言したとのことだ。

マヌエル・ペジェグリーニ

「考えとしては、マスケラーノをここに連れてくるということだよ。

我々はバルセロナとの状況がどうなるかを見なければならない。

しかし、マスケラーノは我々が本当に関心を持っている選手であることは間違いない。

リーベル・プレートで、彼をアルゼンチンのプリメーラにデビューさせたのは私だ。彼はリーダーであるし、中国リーグでもうまくやっていけると思う」