『BBC』は8日、「アーセナルとマンチェスター・シティは、WBAのDFジョニー・エヴァンズ獲得に向けて交渉している」と報じた。

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたエヴァンズ。2015年に退団後はWBAでプレーし、継続的に好プレーを見せてきた。

昨年からビッグクラブの関心を集めていると言われており、現在シティとアーセナルのレーダーに引っかかっているようだ。

シティは継続的な怪我を抱えているヴァンサン・コンパニを置き換えられる候補として、彼を新たな最終ラインの人材に加えたいという。

もともと守備陣に批判が集まっているアーセナルは、3バックの人材として彼を獲得したいと考えている。

また、WBAが関心を持っているDFマテュー・ドゥビュシを譲渡する用意もあるとのこと。

WBAはエヴァンズの放出に際して2500万ポンド(およそ38.58億円)を要求する可能性が高いようだ。

エヴァンズ自身は家族がマンチェスターに在住していることから、できれば北西部に行きたいと考えているとも…。