もうじき開幕するU-20ワールドカップのホストカントリーである韓国。

本大会ではグループAに入っており、現在は国内で事前合宿を行っている。

そんなU-20韓国代表は11日、日本と同組のウルグアイと対戦。2-0で勝利を収めたのだが、試合終了間際に豪快な得点が決まった(04:50から)。

1-0とリードし迎えた後半アディショナルタイム3分、ハ・スンウンからのクロスをカン・チフンがこのバイシクル!

フリーであったとは言え、練習でもこれだけ綺麗に決まるのは珍しいのではないだろうか。本大会に向け、チームにいい流れを呼び込みそうな鮮やかなゴールであった。

この試合ではセレッソ大阪GKアン・ジュンスが先発出場を飾り、バルセロナのカンテラに在籍する“新星”イ・スンウにもゴールが生まれた(01:27から)。

試合は2-0で韓国が勝利。韓国は14日(日)、セネガルと強化試合を行う。