今季のトッテナムの躍進を語る上で欠かせない一人がDFヤン・ヴェルトンゲンだ。

トビー・アルデルヴァイレルトとともにピッチの後方をから攻撃を組み立て、好パフォーマンスを披露。プレミアリーグの第23節クリスタル・パレス戦で膝を負傷し2ヶ月ほど戦線を離脱したが、復帰後は先発フル出場を続けている。

今夏はEURO2016でのプレーも確実視されており、ヴァンサン・コンパニのコンディションが心配されるベルギー代表において重要な存在となりそうだ。

そんなヴェルトンゲンは2014年にソフィー・デ・フリースさんと結婚。昨年には長女が誕生したのだが、天使のようにかわいかった!

こちらがレイラちゃん。

昨年7月に生まれて現在はすっかり大きくなっているのだが、頭に巻いたヘアバンドがかわいい!

初のお子さんということで、パパもすっかりメロメロに。

Instagramには娘の写真がたくさん載せられている。

負傷中にも、「僕のお医者さんが治療してくれてます…❤」とこんな写真を投稿。